連帯保証人がいなくても可|代行で簡単airbnb|夢を現実にする為に
レディー

連帯保証人がいなくても可

模型

入居支援制度

高齢者、障害者、子育て、外国人世帯などの方々が、賃貸住宅を契約する際に家賃債務保証をし、連帯保証人の役割をすることで賃貸住宅への入居を支援します。家賃債務保証制度を利用することで、貸主は家賃の不払いに係わる心配がなくなります。安心して賃貸に出せます。また、入居希望者は家賃債務保証制度を利用することで借りやすくなります。賃貸借契約なら広さや構造などは問いません。不動産会社を経由した物件管理をしておらず、個人が管理している住宅にも適応可能です。高齢者世帯の年齢制限もありません。生活保護を受給中の方でも生活保護受給を理由にお断りすることはありません。緊急連絡先を指定していただきますが、親族の方以外でも可能ですので身寄りのない方でも大丈夫です。

利用手続きの流れ

賃貸の家主と借主との間に保証に関わる約定をします。保証の申し込みをした上で、賃貸契約の申し込みをします。審査の上、家賃債務保証の引き受け可否の回答を待ちます。引き受け可の連絡が来たら保証料の振り込みを確認後、保証引き受け証が発行され、保証が開始されます。保証は2年間の保証で月額賃料の35%となります。一括で支払いますが、それほどの金額ではありません。10万円の家賃だとして3万5千円です。連帯保証人がいない場合にも一定額を負担することで賃貸契約が可能となります。保証対象は12ヶ月分の滞納家賃、原状回復費用及び訴訟費用です。貸主が家賃債務保証を履行した場合には、入居者は後日支払額と損害金を弁済する必要があります。